認定プロコーチ資格

認定プロコーチ資格

目標達成を支援しトータルな成長を促すコーチング

コーチングの目的は、問題に悩む人々が目標を達成できるよう支援し、そのプロセスでその人達の思考や問題意識の持ち方の改善を促し、成長させる事です。
それぞれの企業では自社の社員を、問題が発生した際に指示を待って対応する姿勢ではなく、自ら考えて行動出来るように育成したいというニーズがあります。

そのような背景から、社員教育にコーチングの手段を導入する企業の経営者達が多くなったのです。
実際にコーチングを導入する企業は、業種にかかわらず増加しており、組織を成長させる有効な手法としてカスタマイズされながら広まったことが分かります。
ちなみにコーチの語源は「馬車」とされ、目的地に向かって人や荷役を運ぶ意味から、目標に向かって指導する人をコーチというのです。

多種類が存在する民間資格

多数存在するこの資格は、国家の機関が認める性質のモノと異なり、要件やレベルが定められておらず、それぞれの団体が独自に設定します。
資格によっては文科省の関連団体がかかわっている、やや公的なモノもあれば、国内あるいは国際的な団体が実施して認定するモノもあります。
従ってコーチング資格の能力やノウハウ、レベルなど一律ではなく、資格所持者だからといって、一定水準のコーチングスキルを保持することの証明とはなりません。

コーチング指導は、団体によって講義内容や特色が大きく異なります。
その違いは実施主体である団体理念による部分が大きいので、コーチングを学ぶに当たっては学習する目的や目指す方向性に合った団体を選択することが必要です。

コーチングを学び資格を取得するメリット

コーチングの学習は、いくつものメリットをもたらしますが最大のメリットは、会社組織や特定目的のチーム内においてコミュニケーションを活発に出来るようになることです。
経営者あるいはマネージャー、リーダーという立場の方がコーチングを学んで実践すれば、会社内でスムーズかつ活発なコミュニケーションの実現が期待されます。

理由はコーチングのテクニックを活用することで、部署内での目的や問題定義が明確化し、メンバーの理解が容易となり、意見が出しやすくなったり、それに対する支援も容易になったりするからです。
さらにコーチングすることにより、マネージャーやリーダーが部署内をよく見渡せるようになります。
そのため、人間関係のトラブルにも敏感に気づき、サポートが可能となるため良好な人間関係が保てるでしょう。

代表的な国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ資格の概要

この資格は代表的な国際コーチ資格で、日本を含む世界の90ヶ国に約17,000人にも及ぶ所属会員のいる大きな組織です。
この団体の資格は、レベルによって3種類に分けられており、それぞれの受験条件や費用が異なります。
コーチング初級者がチャレンジする場合はACC認定コーチを目指してみることをおススメします。

You may also like

PRプランナー資格の取得メリット

PRプランナー資格の取得メリット

PRのニーズの増加に伴い高まる資格のメリ[…]

ITコーディネータ試験は受けるべき?

ITコーディネータ試験は受けるべき?

取得に向けて2つのステップが求められる […]

基本情報技術者試験を受けるメリット

基本情報技術者試験を受けるメリット

ITエンジニアの登竜門・基本情報技術者試[…]

ビジネスマネジャー検定試験は受けるべき?

ビジネスマネジャー検定試験は受けるべき?

組織を担う管理職を育てることの重要性 こ[…]

Back to Top
    © 2012 - 2021 ビジネスアーカイブ All Rights Reserved.